LulzSec、もう復活か。The Sunのトップページを虚偽の記事に差し替え

headless 曰く、

6月末に活動休止宣言を出したばかりのハッカー集団「LulzSec」だが、わずか3週間あまりで活動を再開したようだ。攻撃を受けたのは英タブロイド紙「The Sun」ほか、News International傘下の複数のWebサイトだ(CBS Newsの記事MSNBCの記事LulzSecのツイート本家/.)。

この攻撃により、一時The SunのトップページはNews Internationalの所有する別のWebサイトにリダイレクトされるようになっていたとのこと。リダイレクト先のWebサイトも攻撃を受けており、「メディア王、遺体で発見」という見出しで、ルパート・マードック氏の死亡を伝える虚偽の記事が掲載されていた。その後、リダイレクト先サイトがダウンしたため、LulzSecのTwitterページにリダイレクト先を変更したようだ。ただし、現在のところThe SunのWebサイトは復旧している。

News Internationalはマードック氏が会長兼CEOを務めるNews Corporationの英子会社で、組織的な携帯電話盗聴が発覚して廃刊になった英タブロイド誌「News of the World」の発行元でもある。この事件は英政界や警察を巻き込んだ大スキャンダルに発展しており、News Corporation傘下ダウ・ジョーンズCEOの辞任News of the World元編集長の逮捕、警視総監の辞任、盗聴を告発した元記者の死亡など混乱が続いている。19日にはマードック氏および息子のNews International会長ジェームズ・マードック氏らが英議会に召喚されて証言し、注目を集めた。LulzSecは一連の事件との関連は明らかにしていないが、マードック氏に挑戦するといった内容のツイートもあり、ターゲットがマードック氏であることは間違いないようだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | セキュリティ

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2011年7月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら