英デザイナー、「安楽死ジェットコースター」を設計

cheez 曰く、

英ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの博士課程にて学ぶ Julijonas Urbonas 氏が「安楽死ジェットコースター」なるものをデザインしたそうだ (Discovery News の記事本家 /. 記事より) 。

このジェットコースターは 2 分かけて 480 m 以上の高さにまで上り、その後一気に下ったあと 7 つの連続したループで宙返りするというもの。360 km/h に及ぶこの落下と宙返りでは 10 G もの力がかかるそうで、脳が低酸素状態に陥りその機能を停止するという仕組みだそうだ。上りに 2 分、下りに 1 分かかるとのことで、論理的な証拠は無いものの、恐らく最初の落下と 1 つ目もしくは 2 つ目のの宙返りで目的は達成されるだろうと Urbonas 氏は言う。

Urbonas 氏は、安楽死は「世界からの知的および芸術的旅立ち」であると考えているとのこと。ジェットコースターはゆっくりと時間をかけて上り、頂上ではさらに最終決断を下すための時間が設けられるという。ジェットコースターは「FALL (降下)」ボタンを押すことで「最後の旅」が始まるとのことで、本人が納得した上で実行できるようになっている。地上 500 m 近くの高さから下を見下ろし、落下のことを想像するという張りつめた状況は究極の選択をするのにふさわしいのだそうだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | 英国 | mainpage | 変なモノ

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2011年9月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。