Ruby 1.9.3 p0リリース、ライセンスが変更

insiderman 曰く、

Ruby 1.9.3系初となる安定版「Ruby 1.9.3 p0」がリリースされた(SourceForge.JP Magazineリリース告知)。

エンコーディング周りの変更や組み込みクラスのアップデート、ライブラリの強化などが行われているが、もっとも大きな変更点はライセンスの変更だろう。Ruby 1.9.3ではライセンスが従来のGPL 2とRubyライセンスのデュアルライセンスから、二条項BSDライセンスとRubyライセンスのデュアルライセンスとなっている。

RubyのライセンスがなぜGPL 2とRubyライセンスのデュアルライセンスなのかというと歴史的経緯があるからなのだが、GPL 3とは非互換という問題があった。ライセンス変更により、これらは解決されるとのこと。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | Ruby | mainpage | デベロッパー

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2011年11月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら