IE6のシェア、米国で1%を割り込む

あるAnonymous Coward 曰く、

米国Microsoft米国内におけるInternet Explorer (IE) 6のシェアが1%を切ったことをアナウンスし、事実上のIE6の終了宣言を行った。

また、米国以外でもオーストリー、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、およびノルウェーにおいてIE6のシェアは1%未満になっている。

今後、MicrosoftはIE8, IE9などへの近代的なブラウザへの移行を推奨するとのことである。

なお、The Internet Explorer 6 Countdownによると日本におけるIE6のシェアは5.9%とのことである。

IE6に依存したサイト・機能をお使いの諸兄は、ブラウザの移行をどのようにお考えだろうか?

ちなみに、/.Jにおける2011年12月のIE6シェアは3.55%でした。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2012年1月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら