MMD研究所、全国の主要都市でのスマートフォン通信速度を調査。ソフトバンクが最速という結果に

あるAnonymous Coward 曰く、

MMD研究所が全国23都市でスマートフォンの通信速度を調査した結果、ソフトバンクが最も高速という結果になったそうだ(ニュースリリースITmedia)。

対象とした端末はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのAndroid携帯と、KDDIおよびソフトバンクモバイルのiPhone 5。ただし、Androidの4G/LTE利用可能エリア数はauがトップで、続いてドコモ、ソフトバンクの順だった点には注意したい。

合計23都市、100箇所において調査を行った結果とのこと。まずAndroidについてだが、ダウンロード速度の全国平均はソフトバンクが27.04Mbps、auが20.27Mbps、ドコモ15.37Mbps。4G/LTEが利用できた箇所はソフトバンクが91箇所、auが100箇所、ドコモが97箇所だったとのこと。 いっぽうのiPhoneについては、ダウンロード速度の全国平均はソフトバンクが9.88Mbps、auが7.93Mbps。4G/LTEが利用できた箇所はソフトバンクが97箇所、auが84箇所だったそうだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | モバイルセクション | 携帯電話 | 携帯通信

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2013年4月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。