米メディカルスクールの学生、39%が肥満に対する潜在的な偏見

米国では肥満に対する偏見が強くなる傾向があるが、メディカルスクールの学生を対象にした調査で39%が肥満に対する潜在的な偏見を持っていることがわかったそうだ(論文アブストラクト本家/.)。

調査はウェイク・フォレスト大学医学部の3年生を対象に2008年から2011年まで行われた。太っている人と痩せている人のどちらが好ましいと感じるかについて、Weight Implicit Association Test(IAT)と、自己申告による調査が実施された。自己申告による調査では、肥満に対する顕著な偏見を持つ学生が33%で、痩せていることに対する顕著な偏見のある学生はいなかったという。IATのスコアでは、39%が肥満に対する顕著な偏見がみられ、17%が痩せていることに対する顕著な偏見がみられたとのこと。IATで肥満に対する顕著な偏見がみられた学生のうち、67%は自分が潜在的な偏見を持っていることに気づいていなかったそうだ。肥満に対する偏見は治療にも影響するため、偏見の影響を学ばせる教科をカリキュラムに組み入れる必要があるだろうとのことだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | 医療 | 教育

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2013年5月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら