3Dプリント技術によるゴッホの精密な複製画、価格は25,000ユーロ

オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館が3Dプリント技術によるファン・ゴッホの複製画を作成したそうだ(プレスリリースFujifilm Europeのニュース記事The Guardianの記事CNET Australiaの記事本家/.)。

複製画はゴッホ美術館がベルギーのFujifilmと共同で開発した「Relievo」と呼ばれる技術を使用したもの。3Dスキャンしたデータを高精細で3Dプリントすることで、絵画の表面および裏面、額縁も精密に再現できるという。複製された作品は、花咲くアーモンドの木の枝(1890)、ひまわり(1889)、収穫(1888)、荒れ模様の空の麦畑(1890)、クリシー大通り(1887)。各260点限定で、1点25,000ユーロ。キュレーターによる品質チェックが行われ、合格したものにシリアルナンバーが振られて販売されるという。香港では7月15日から8月4日まで展示が行われたとのことだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | EU | プリンター | 娯楽

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2013年8月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。