準惑星ケレス表面で噴出する水蒸気が観測される

AerospaceCadet 曰く、

火星と木星の間にある「小惑星帯」に位置する準惑星「ケレス」の表面2か所から水蒸気が噴出していることが確認されたそうだ。欧州宇宙機関(ESA)の研究チームの論文が、1月22日にネイチャーに掲載された(読売新聞AFPBBニュース)。噴出する水の量は6kg/秒と推定されているそうだ。

ケレスは最初に発見された(元)小惑星で小惑星番号1であり、かつ小惑星帯最大の天体である。

ケレスの構造は岩石の核の周囲に厚さ60~120kmの氷のマントルが存在し、その上を薄い岩石の地殻が覆うと推定されているが、今回の発見はその仮説を補強するものとなる。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | サイエンスセクション | 宇宙

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2014年1月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら