TVを外出先で見るための「リモート視聴」の要件が発表される

あるAnonymous Coward 曰く、

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が、「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件 Ver1.0」を公開した。これまではチューナーを有する製品から直接宅外へ転送を行うことや、生放送のリアルタイム転送は行えなかったが、今回のリモート視聴要件ではそれらが可能となる(Phile-web日経ITpro)。

宅内では、あらかじめ親機とペアリングを行っておいた子機のみリモート視聴が可能。ペアリングの有効期間は最長3か月、同時にペアリングできる子機は6台まで。また、同時にリモート視聴が可能な子機の台数は1台となる。

なお、親機に録画・保存したデジタル放送コンテンツを、宅外の子機にコピー/ムーブすることも禁止されている。また子機に搭載されるリモート視聴用アプリには、視聴中のコンテンツをキャプチャーするための機能を設けることができない。そのほか、明らかにCMスキップを目的とした機能は設けないことが望ましいとされている(タイムラインバー、早送り、巻き戻し等は可能)。

なお、「IPインタフェース出力において送信パケットの宛先IPアドレスが、親機のIPアドレスと同一サブネット内に限定される場合」が「宅内」、そうでない場合は「宅外」とされるそうだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | ITセクション | テレビ | インターネット

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2014年2月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら