EFF、ユーザーの追跡を遮断するブラウザ拡張機能「Privacy Badger」のアルファ版を公開

Electronic Frontier Foundation(EFF)は1日、サードパーティードメインによるユーザーの追跡を検出・遮断するWebブラウザ拡張機能「Privacy Badger」のアルファ版を公開した(Privacy BadgerEFFの記事Ars Technicaの記事本家/.)。

Privacy BadgerはWebページに埋め込まれたサードパーティードメインの画像やスクリプト、広告などを検出。サードパーティードメインがトラッキングクッキーを使用して複数サイトにわたるユーザーの閲覧履歴を収集していることが確認された場合、そのドメインのコンテンツを遮断する。Privacy Badgerを使用することで広告の多くは表示されなくなるが、広告の遮断を目的としたコードは含まれておらず、Do Not Trackヘッダーを無視しないドメインからの広告は表示されるとのこと。なお、サードパーティーのコンテンツがWebページの機能で必要とされている場合、トラッキングクッキーのみを遮断するという。ユーザーがドメインごとに設定を変更することも可能のようだ。ブラウザフィンガープリントを使用したユーザー追跡への対応は今後追加予定としている。Privacy Badgerはデスクトップ版Google ChromeとMozilla Firefoxで利用可能。Operaやモバイル版Firefoxへの対応も予定しているとのことだ。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | ITセクション | YRO | インターネット | プライバシ

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2014年5月6日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら