アップル、「App Storeへの登録拒否理由」、上位10項目を公表

あるAnonymous Coward 曰く、

App Storeの審査過程がよく分からないという声に応えてか、AppleがApp Storeにおけるアプリ拒絶の理由の上位10項目を公表した。このリストは毎月更新していくとのこと。

8月28日までの1週間にアプリが拒絶された理由のトップは、「情報が不足している(14%)」だという。2番目に多い拒絶理由は、「バグのあるアプリ(8%)」、その次に「Developer Program License Agreementに従っていない(6%)」、さらに「ユーザーインターフェースが過度に複雑または粗悪なアプリ(6%)」が続く。これら上位4項目が、拒絶理由の36%を占めるという(CNET JapanITmediaSlashdot)。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | アップルセクション | アップル

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2014年9月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら