MS、Windowsの使われ方をリアルタイムで調査する「Asimov」を導入

taraiok 曰く、

MicrosoftはWindows 8のテスト中、「スタートメニューの使用率が低下している」と認識し、その結果スタートメニューの廃止という変更が行われた。しかし、Windows 8のリリース後にはスタートメニューの廃止が大きな批判を受けた。こうしたミスを犯した理由についてMicrosoftは、「十分な情報調査が行われていなかった」ためだと判断したようだ。その反省として、Windows 10では新たな遠隔モニタリングシステムを導入し、新しいOSの微調整や変更を決定する計画だという(ZDNetWindows9HubSlashdot)。

この遠隔モニタリングシステムでは「Asimov(アシモフ)」というコードネームで呼ばれており、OS開発チームはこれを利用してユーザーのマシン上で何が起こっているかをほぼリアルタイムで見ることができるという。Windows 10のテクニカルプレビューにはすでにこれが導入されているようで、ダウンロードしたユーザーがユニークな使い方をすることにより、「パワーユーザーが遭遇する奇妙なバグを識別する」のに役立つだろうとしている。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | Windows

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2014年10月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。