人工知能が作った新しい手品

あるAnonymous Coward 曰く、

ロンドン大学のカレッジの一つクイーン・メアリーにて、人工知能に手品を作らせるという研究に取り組んできた研究者がいる。コンピュータプログラムに、ジグソーパズルやトランプの手品などの仕組みやトリックを学習させ、さらに人間がどのようにマジックを理解するかなども教えたという。この結果、人工知能は完全に新しいマジックを生み出すことに成功したそうだ(Phys.orgscienceblogSlashdot)。

人工知能が作成したマジックは、芝居がかったマジックではなく、数学的手法を使用するタイプのもの。この人工知能が作成したマジックは、1つはMagic puzzleとしてロンドンの店頭に並べられた。また、並べたトランプを当てる手品Google Play Storeに「Phoney」という名前で登録されている(これだと思われる)。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | サイエンスセクション | 人工知能 | 数学

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2014年11月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。