仕切りのないオフィスが職場を破壊する

本家/.「The Open-Office Is Destroying the Workplace」より

集中力低下といった問題が指摘されているにもかかわらず、米国では仕切りのないオープンオフィスが増加し続けており、70%のオフィスで仕切りが設けられていないか、低い仕切りが使われているそうだ。Facebookでは1つの部屋に2,800人のエンジニアを収容可能な4ヘクタールに及ぶ世界最大のオープンオフィスを計画しており、ニューヨーク市長時代に「ブルペン」と呼ばれるオープンスタイルの執務室を導入したマイケル・ブルームバーグ氏は透明性や公平性が向上すると述べているという。

経営者は従業員が仕事をさぼっていないか見張ることができ、生産性が向上すると感じているようだが、この感覚は誤っているとThe Washington Postの記事では指摘する。2013年の調査によると、オープンオフィスで働く労働者の多くが仕事のパフォーマンス低下を招く集中力低下にいらだっているという。調査対象者の半数近くは音のプライバシーがない点を大きな問題だと答えており、30%以上が視覚的なプライバシーがない点に不満を感じているとのこと。The New Yorkerの記事では、マルチタスクに向いた若い労働者でもオープンオフィスによる仕事のパフォーマンス低下と無縁ではないが、同僚との交流が増えるといった利点が欠点を覆い隠しているとしている。

The Washington Postによれば「従業員は革新的な企業のリラックスした環境で仕事をしていると感じる一方、この環境は集中力の続く時間や生産性、クリエイティブな思考、満足度などを損なうものだ」という。The New Yorkerでは「若い労働者は注意力が散漫になることを職場で普通のこととして受け入れているようにみえるが、オープンオフィスを全面的に信用してしまえば彼らの世代で充分な能力が発揮できないことの常態化を招く可能性がある」とし、「彼らはオープンオフィスの利点を享受し、作り、広めていく一方で、長期的には彼らの多くが不利益をこうむることになるだろう」と述べている。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | ビジネス | ニュース | アメリカ合衆国

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年1月4日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。