太陽光で飛ぶ有人飛行機Solar Impulse 2が世界一周第7レグ出発、名古屋で一休み

太陽電池を動力として飛ぶ飛行機「Solar Impulse 2」が、太陽光エネルギーのみを使用して中国の南京から米ハワイへ飛行するチャレンジを開始した(Solar Impulse 2のWebサイト)。

Solar Impulse 2は6月1日に南京を出発。しかし天候の問題から、日本時間の6月1日23時49分に名古屋の名古屋飛行場(小牧空港)に緊急着陸し、天候の回復を待つことになったようだ。

Solar Impulse 2は天候が回復次第、ハワイを目指して出発する模様。また、Solar Impulse 2の翼にはLEDが取り付けられており、この光を見た住民らが「UFOではないか」との110番通報が37件あったという(NHK)。なお、Solar Impulse 2は名古屋飛行場の駐機場に止められており、展望デッキからその姿を見ることができるという。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | ハードウェアセクション | 電力 | 交通

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2015年6月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。