明石・天文科学館が「135°までしか図れない分度器」を発売

東経135°の子午線上に建つ、兵庫県明石市立天文科学館が「135°までしか図れない分度器」を発売する(毎日新聞)。

地球の北半球を北極の上から見下ろした地図が印刷されており、日本がグリニッジから135°の位置にあることがすぐに分かるデザインになっている。価格は250円で、開館55周年を迎える10日に1000個限定で販売されるとのこと。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | 変なモノ

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2015年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。