Apple、iPhone 6 Plusの一部を対象にiSightカメラ交換プログラムを開始

Appleは22日、ごく一部のiPhone 6 Plusで撮影した写真がぼやけて見える場合があるとして、iSightカメラ交換プログラムを開始した(iPhone 6 Plus iSightカメラ交換プログラムITmedia Mobileの記事9to5Macの記事The Vergeの記事)。

原因はiSightカメラ(背面のカメラ)のコンポーネントの一部が故障したことによるもの。影響が確認されているのは主に2014年9月~2015年1月に販売されたiPhone 6 Plusで、シリアル番号が特定の範囲内にあるものだという。

iPhone 6 Plusで撮影した写真がぼやけて見え、シリアル番号が交換プログラムの適用範囲にある場合にiSightカメラが無償交換される。本プログラムの適用範囲かどうかは、Appleの「iPhone 6 Plus iSightカメラ交換プログラム」ページでシリアル番号を入力すれば確認可能だ。

交換手続きはApple正規サービスプロバイダおよびApple Store直営店、Appleテクニカルサポートで受け付ける。交換手続きの前にAppleで実機検査を行い、本プログラムの適用対象となるかどうかなどの確認が行われるとのこと。また、交換手続きをする前にデータをバックアップしておく必要がある。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | アップルセクション | ハードウェア | アップル | iPhone

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年8月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。