トヨタ、「完全無事故車」の研究開発に5000万ドルを投入へ

あるAnonymous Coward 曰く、

トヨタ自動車は米国時間9月4日、米国防高等研究計画局(DARPA)の防衛科学研究室(Defense Sciences Office)でプログラムディレクターを務めていたGill Pratt博士を社員として招聘したことを発表した。さらに5000万ドルを投じて、人工知能(AI)技術を道路や家庭にもたらすための共同研究施設をスタンフォード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)に設立するという(TechCrunchCNET Japan)。

Gill Pratt博士は別のイベントで「目標は事故を起こさない車を作ることだ」と抱負を語っていたそうだ。これは自動運転車に限らず、人間が運転する車においても技術を利用して事故を防止するという試みだという。例としてはドライバーを監視し、攻撃的になったり注意散漫になった際に通知やアシストを行うというものがあるようだ。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | テクノロジー | 交通

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年9月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。