ネット接続回線共有サービス「WiFiシェア」でシェアしたSSID/パスワードはバレる

NurseAngel 曰く、

昨今ではほぼすべての無線データ通信契約において利用量の上限が設定されているが、「余っている通信帯域」を無線LAN経由でシェアできるという「WiFiシェアアプリがリリースされました(プレスリリース)。

自宅などの無線LANをWiFiシェア経由で公開するというもののようで、無線LAN機器のSSIDとパスワードをWiFiシェアに登録すると、他人がWiFiシェアアプリ経由でその無線LAN機器にアクセスしてインターネット接続できるようになるとのこと。

無線LAN機器のパスワードを公開してしまうと不特定多数がそこにアクセスできるという危険性がありますが、WiFiシェアではWiFiシェアのサーバーが暗号化して管理するので安全、とうたわれていました。

しかし、これに対し「WiFiシェア、こんなこと実現できるの?」との疑問を持つ人も現れ、実際に試してみたところiPhoneで利用されるXML形式の「構成プロファイル」内に平文でSSIDとパスワードが記録されていることが確認されたそうです。

要するに「利用者にも暗号化して連絡するので利用者及び他の人はパスワードは分かりません」は完全に嘘で、「WiFiシェアを使う」=「無線LAN機器のパスワードを公開する」と思っておけば間違いないでしょう。

ちなみに「シェアWiFi」とかいう、誤認させる気満々の別サービスがいつのまにか立ち上がってるみたいなので間違えないように。まあ、どちらも使わないのが正解ですね。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2015年9月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。