iOS9で人気のSafari用広告ブロック拡張機能「Crystal」がAdblock Plusのホワイトリスト導入へ

あるAnonymous Coward 曰く、

iOS 9のSafari用広告ブロック拡張機能「Crystal」が、ドイツ・Eyeoから広告ブロックの除外リスト(ホワイトリスト)の提供を受けることになったそうだ(ITmediaニュースの記事)。

Eyeoはデスクトップブラウザー向け広告ブロック拡張機能「Adblock Plus」の開発元。以前のストーリーで話題になっているが、Eyeoのホワイトリストは「控えめな広告」の基準を満たした広告について、料金を支払うことでAdblock Plusのブロック対象外になるというものだ。Crystalはこのホワイトリストに対応することで、Eyeoから一定の金銭が提供されることになる。

Crystalの開発者Dean Murphy氏はユーザーに出版産業を支える道を開くと述べているが、信用できないとしてTNWの記事は批判している。Adblock Plusは無料で提供されているが、Crystalは有料アプリだ。ユーザーから広告ブロックアプリを売り付けながら、広告主からは広告を表示するための料金を受け取るという選択について、皆さんはどう思われるだろうか。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | アップルセクション | ビジネス | ソフトウェア | Safari | 広告 | インターネット | iOS | お金

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2015年9月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。