Apple、XcodeGhost問題を受けて中国国内のサーバーでXcodeを提供する計画

改変版Xcode「XcodeGhost」により悪意のあるコードに感染したiOSアプリがApp Storeで多数発見された問題を受け、Appleでは中国国内のサーバーからXcodeをダウンロード可能にすることを計画しているそうだ(Neowinの記事Reutersの記事CNETの記事Sina.comの記事)。

XcodeGhostはXcodeに悪意のあるコードを含むオブジェクトファイルを追加してリパッケージングしたもの。中国では米国にあるAppleのサーバーへの接続速度が遅く、中国国内で共有されたXcodeをダウンロードすることが広く行われていることでXcodeGhostが広まったとみられている。Appleは開発者向けにXcodeGhostの確認方法を公開し、正規のソースからXcodeを入手することを開発者に強く求めている。ただし、中国ではダウンロード速度の問題が大きいため、中国国内のサーバーから直接Xcodeをダウンロードできるようにすることを計画しているとのことだ。

また、Appleの中国版Webサイトでは、XcodeGhostに関するQ&Aページも公開されている。Appleでは感染アプリが攻撃に使われた形跡は確認されていないと述べ、感染アプリが取得するのはアプリや一般的なシステム情報のみであり、個人情報が影響を受けることはないと説明している。FireEyeによれば、

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年9月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。