Windows 10への無料アップグレード通知を表示する更新プログラムなどが再リリースされる

Windows 7/8.1でWindows 10への無料アップグレード通知を表示するKB3035583など、複数の更新プログラムが再リリースされたようだ( InfoWorldの記事Softpediaの記事)。

再リリースされたのはKB3035583のほか、Windows 7用のKB2952664KB2977759、Windows 8/8.1用のKB2976978で、いずれも「互換性更新プログラム」となっている。

ただし、InfoWorldによるとKB2952664はカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)のテレメトリータスクを追加し、タスクはCEIP参加の有無を問わずWindows 7の起動時に毎回実行されるという。KB2977759とKB2976978もCEIP参加者向けの更新プログラムで、最新のWindowsオペレーティングシステムをインストールした場合に互換性の問題が発生するかどうかを診断するものとなっている。

これら3本の更新プログラムは繰り返し再リリースされているが、理由については説明されていない。なお、9月に「Microsoft、Windows 7/8.1でもユーザーからのデータ収集を強化?」として話題になった更新プログラムもCEIP関連だが、今回の更新プログラムとは別のものだ。

このほか、新規にWindows 7用のWindows Updateクライアント(KB3083710

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年10月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。