ついつい使ってしまうプログラミングの悪いテクニックは?

プログラミングの際に、さまざまな理由でコーディングのルールを破ってしまうことがある。これらは誰もが「悪い」プログラミングテクニックであると認めるようなものだが、結果としてコードがクリーンになり、高速かつシンプルになることもある。InfoWorldの記事では、愛される悪いプログラミングテクニックを9つ選んでいる。

InfoWorldが選んだ悪いプログラミングテクニックは以下の通り。
  • gotoを使う
  • 関数名だけで内容がわかるようにしてドキュメンテーションを避ける
  • 1行に大量のコードを詰め込む
  • 型宣言をしない
  • 値の型を繰り返し変換する「ヨーヨーコード」
  • 独自のデータ構造を書く
  • ループの半ばでループを抜ける
  • 短い変数名を使う
  • 演算子や関数を再定義する
  • プログラミング言語や環境によっては使用できないものもあるが、皆さんがよく使うものはあるだろうか。また、リストに追加するとしたらどのようなものがあるだろう。

    スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | デベロッパーセクション | プログラミング | デベロッパー | スラドに聞け!

    あわせて読みたい

    気になるキーワード

    スラドの記事をもっと見る 2015年10月24日のIT記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    ITニュースアクセスランキング

    ITランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。