Motorola DROID Turbo 2、割れないディスプレイの秘密は?

Motorolaは、世界初という割れたりひびが入ったりしないことを保証する「Moto ShatterShield」ディスプレイを搭載したスマートフォンDROID Turbo 2」を米Verizon向けに発売した。英国では「Moto X Force」という名称で発売が予告されている(Ars Technicaの記事BetaNewsの記事The Vergeの記事Neowinの記事)。

Moto ShatterShieldは2層の保護レイヤー、1層のデュアルタッチレイヤー、柔軟性のあるAMOLEDディスプレイ、アルミニウム製シャーシーを組み合わせた計5層のレイヤーで衝撃を吸収し、ディスプレイの割れを防止するというもの。ディスプレイの割れやひびについても、4年間保証の対象になる。ただし、ディスプレイ表面の擦り傷や摩耗などについては保証対象外となるため、スクリーンプロテクターが必須となる。また、本体は耐衝撃というわけではないので、落下させるとディスプレイは割れなくても本体が破損する可能性がある。

なお、Ars Technicaの記事によれば保護レイヤーは一般的なゴリラガラスではなくプラスチックのようで、透明性は低く画面は暗めだという。また、直接ガラスを貼り付けたディスプレイと比較して、スクリーン表面からディスプレイまでの距離が感じられるとのこと。

DROID Turbo 2/Moto X Forceの画面サイズは5.4インチ(1440p)で、OSは

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年11月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。