ロボットの普及で半数が職を失う?

あるAnonymous Coward 曰く、

英イングランド銀行が、ロボットの普及が進むことで今後10~20年以内に米国で約8000万人、英国で約1500万人が職を失う可能性があるとの試算を明らかにした(CNN)。これはそれぞれの国の労働人口の約半数に相当するという。

これは、生産部門などすでにロボットが導入されている分野だけでなく、事務や管理職なども影響を受けると考えての試算のようだ。また、「人間に残された仕事は低技能もしくは高度な技術を必要とする職種のみになりつつある」とし、今後はロボットがより多くの分野に進出するとしている。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | 人工知能 | ロボット

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年11月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。