ヤマダ電機がWindows 10 Mobile端末「Every Phone」を発表、11月28日発売

あるAnonymous Coward 曰く、

ヤマダ電機が、OSにWindows 10 Mobileを搭載するSIMフリースマートフォン「Every Phone」を発表した。11月28日から全国のヤマダ電機グループの店頭とオンラインで発売する(プレスリリースPDF公式サイトケータイWatchマイナビニュース)。

本体価格は3万9,800円(税抜)。カラーはブラックとホワイトの二色を用意し、CPUはSnapdragon 410(1.2GHz/クアッドコア)、RAMは2GB、ストレージは32GBを搭載する。LTEやBluetooth 4.0、最大64GBまでのmicroSDXCカードに対応し、カメラはメイン1300万/サブ500万画素。バッテリ容量は2,600mAhで、いわゆるミッドレンジクラスの端末となる。

ヤマダ電機によれば、Windows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマートフォンとしては国内最速の店頭販売開始となるというが、奇しくも24日にはプラスワン・マーケティング (freetel)が「日本最速発売」をアピールして「KATANA 01」を11月30日に発売すると発表したばかり。freetelからすれば、まさかの「伏兵」に国内最速の座を奪われてしまう形となった。

また、日本マイクロソフトが10月14日に開催した「Windows 10 Partner Device Media Briefing」でもヤマダ電機の名前はなく、われわれ消費者からしても突然の電撃発表となった。水面下で小売の巨人が動いていたとは驚きを隠せないばかりである。

また、近日に発売を予告しているW10M端末として、ほかにサードウェーブデジノス (ドスパラ)の「Diginnos Mobile DG-W10M」もある。三連休には秋葉原の店頭で国内最速」の店頭実機展示を行っていただけあり、こちらも注目したい。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | モバイルセクション | モバイル | 携帯電話 | Windows

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年11月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。