東京駅をぐるぐる廻せるAndroidアプリ「Tokyo | Ogiqvo」

あるAnonymous Coward 曰く、

Ogiqvo Developmentは、3D地図上に東京駅の構内図と列車の位置を表示するAndroidアプリTokyo | Ogiqvo」をGoogle Playで発売した(Ogiqvo Developmentのブログ記事)。

画面上のジョグダイアルでアプリ内の時刻を巻き戻し・早送りができる。列車は時刻表通りに走っているので、ジョグダイアルを廻すことで列車の動きも追従する。時刻表データ・車両数・車両の寸法などは実在のものを使用しており、構内図は現地で測量した高低差入りのものを使用しているという。

価格は1,000円。ぐるぐる廻す動きと列車の動きが連動している様を楽しむアプリだそうだ。YouTube動画を見る限りだと割と楽しそうなアプリである。

現在、「Tokyo | Ogiqvo」は旧万世橋駅ホーム跡で営業するカフェ「N3331」で特別展示が行われている。場所を旧万世橋駅に設定した特別版「N3331 | Ogiqvo」も出展されているとのこと。「N3331 | Ogiqvo」は列車の推定通過時刻を算出し、次の列車の通過時刻までカウントダウンを行う機能も備えているという。会期は1月31日まで(Ogiqvo Developmentのブログ記事N3331のブログ記事ネットTAMの記事)。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | idleセクション | 変なモノ | idle | Android | おもちゃ | 交通

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2015年12月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。