大型ハドロン衝突型加速器(LHC)、放置された大量のケーブルがアップグレードの障害に

taraiok 曰く、

欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)はアップグレード計画が進められているが、それに向けての大きな障害が発生しているという。それは、新しいケーブルを収納するためのスペースが足りないことだという(MOTHERBOARDSlashdot)。

過去のアップグレード作業では、ケーブル類が更新されても古いケーブルがそのまま残されることが多かったそうで、その数は9000本に及ぶとしている。こうした古いケーブルがスペースの多くを占有しているため、新規の敷設が困難になっているそうだ。

LHCは複雑な構造であるため、不要なケーブルだけを取り外すのは困難であるようだ。無理にやろうとすると間違って正常なケーブルを取り外してしまう危険もある模様。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | サイエンスセクション | サイエンス

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2016年1月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。