Apple 対 FBI のバックドア問題について、ビル・ゲイツはつまり何が言いたいのか

Financial Times(FT)のインタビューApple対FBIのバックドア問題について質問されたビル・ゲイツ氏が、「Appleが情報へのアクセスを可能にできるのは間違いないので、裁判所の命令に従うことになるだろう」といった趣旨の回答をした。これについてFTが「Bill Gates backs FBI iPhone hack request」というヘッドラインで記事を掲載して話題になったのだが、ゲイツ氏はBloombergのインタビューで「自分の見解を示しておらず、がっかりした」などと述べ、FTがヘッドラインを修正している(The Registerの記事MacRumorsの記事WinBetaの記事Softpediaの記事)。

FTのインタビューでゲイツ氏は、銀行が口座記録を提出するのと同様のもので、Appleが特別な情報を要求されているわけではないと主張。一方、犯罪を防ぐための情報を政府に一切渡すべきではないのか、渡すとすればどのようにデータが保護されるべきなのか、議論の価値があるなどと述べている。「MicrosoftやGoogle、Appleの携帯電話にバックドアを装備することを支持するのか」という質問に対しては「誰もバックドアの話などしていない」と述べており、FBIのAppleに対する要求の内容を把握しているのかどうかについては不明な感じになっている。ただし、実際のところ、本件に関してAppleが連邦地裁の命令に従うべきだとは言っていない。

Bloombergのインタビューでゲイツ氏は、適切な保護手段を設けたうえで、テロを防ぐための情報を政府が得られるようにすべきであるとしている。これについて議論が必要であることを強調し、国会で決めるべきことであるとも述べている。また、BBCのインタビューでも同様に、議論の必要性を主張している。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | アップルセクション | 犯罪 | 法廷 | セキュリティ | アップル | 政府 | アメリカ合衆国 | iPhone

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2016年2月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。