名称を公募していた英国の極地調査船、一番人気の「RRS Boaty McBoatface」は不採用に

新しい極地調査船の名称について一般からの提案を募集していた英国・自然環境研究会議(NERC)は6日、名称が「Royal Research Ship(RRS) Sir David Attenborough」に決定したことを発表した(NERCのプレスリリースThe Registerの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

NERCでは3月17日から4月16日まで、名称を募集する「Name Our Ship」キャンペーンを実施。「RSS Boaty McBoatface」のほか、「RRS It's Blooody Cold Here」「RRS Usain Boat」「RRS Boatimus Prime」といった奇妙な名称が数多く寄せられて人気を集めていたが、「RRS David Attenborough」も4位に入っている。

大学・科学担当大臣のジョー・ジョンソン氏は、困難な決定だったとしながらも、最新の極地調査船が英国で最も愛される放送人・自然科学者の一人であるデビッド・アッテンボロー氏にちなんで名付けられたことは喜ばしいと述べている。

ただし、Boaty McBoatfaceは無視されたわけではない。RRS Sir David Attenboroughに搭載される無人海中探査機がBoaty McBoatfaceと名付けられたとのことだ。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | サイエンスセクション | 英国 | スラッシュバック | サイエンス | idle | ロボット | 交通

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2016年5月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。