Windows 10へのアップグレード、7月29日までにする?しない?もうした?

Microsoftは5日、Windows 10を実行するデバイスが3億台に達したことを発表した。これと同時にWindows 7/8.1に対する無料アップグレード提供が7月29日に終了することを改めて明言し、早めにアップグレードするよう念押ししている。無料アップグレード期限を知らせるWeb広告も出始めているようだ(Windows Experience Blogの記事Ars Technicaの記事VentureBeatの記事The Vergeの記事)。

無料アップグレードが1年間限定であることはWindows 10のリリース前から決められていたことだ。Windows 10アップグレード特設ページでは1年間限定であることが当初から記載されていたほか、英語版の特設ページでは4月頃から「Offer ends July 29th, 2016」のように無料アップグレード期間の終了日が明記されるようになっている。

そのため、特別驚くような話ではないのだが、期間延長の可能性も以前から指摘されている。ただし、日本マイクロソフトでは4月末の記者会見で期間延長は絶対にないと明言しており、終了日の周知を始めているところからみても、とりあえず実際に終了する方向で動き出してはいるのだろう。詳細は決まっていないようだが、「Windows 10を入手」アプリは7月29日をもって無効化され、いずれは削除されるという(

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2016年5月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。