誰でも登録できる警視庁のメールサービスで被害者の実名が誤って送信される

       
あるAnonymous Coward 曰く、

東京都内で不審者情報などを通知する防犯メールサービス「メールけいしちょう」で、暴行事件の被害者の実名が誤って送信される事件があったという(毎日新聞)。

メール作成担当者がチェックを受けず、通常は伏せるはずの実名が記されたままでメールを送信してしまったのが原因とのこと。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | インターネット | 政府

関連ストーリー:
文科省が人事情報をメール誤送信、対策は「今後は紙や口頭でやりとり」 2017年01月12日
川崎市、元旦早朝に土砂災害警戒情報を誤送信 2017年01月04日
Excelの操作ミスで情報漏洩、ソート時に別の人の個人情報が混入 2015年09月10日
日本郵政から約7500人分の個人情報が漏洩、メールサービス登録者全員に誤送信 2015年06月12日
GMOインターネット、誤って2万件以上の不採用通知を一斉送信 2015年03月01日

当時の記事を読む

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月17日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。