米国で電子タバコが口の中で爆発する事件が発生

bigface曰く、

米国で、電子タバコが口の中で爆発するという事件が発生したそうだ(ギズモード・ジャパン)。被害者は歯を7つ失い、爆発によって飛散した電子タバコの部品が口や喉、唇に刺さるといった怪我を負ったという。

電子タバコはバッテリーで「リキッド」と呼ばれる液体を過熱し、蒸発した成分を吸入するもの。電子タバコの爆発時間は米国で度々発生しているという。今回の事故で爆発したリチウムイオン電池はLGの「HG2 INR18650」で、容量は3,000mAhと大きかったという。

バッテリーも最初に買った店で取り付けてもらい、パーツを足したり、メンテナンスも彼らのアドバイスを聞いてやったらしいので、改造が原因なのか。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ニュース

関連ストーリー:
実質的にすべての電子タバコの蒸気が有害な化学物質を含むとの研究結果 2016年07月30日
電子タバコの使用による急性呼吸器疾患が確認される 2015年10月28日
電子タバコの充電でマルウェアに感染 2014年11月27日
携帯型の電子たばこが登場 2007年07月05日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2017年1月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。