スポーツくじ「BIG」でランダムなはずの予測結果が2連続で一致するも「偶然」との回答

あるAnonymous Coward 曰く、

コンピュータがランダムに抽選した予測が試合結果と合えば当選というスポーツくじ「BIG」において、14試合×5口分の予想結果が2回続けて全く同じという極めて不自然な結果が出力され、システムの不具合や不正ではないかと一騒動となっているようである(公式の調査発表ITmediaの記事1記事2)。

BIGでは1口分が14試合で、予想結果は勝ち・負け・引き分けの3パターンあり、これをコンピュータがランダムに抽選するため、同じ結果が出力される可能性は極めて低い。が、15日に楽天totoにて全く同じ結果が出力されたという画像付きの報告がTwitterに投稿され、不具合や運営側が意図的な操作をしているのではないかといった憶測が飛び交う事態となった。

20日にはくじを運営する日本スポーツ振興センターと楽天から調査結果の発表がなされたのだが、「くじは確かに販売されたものである」「重複した投票内容の出現はあり得る」といった「不具合や不正ではない」というものであった。しかし5口分の予測が一致する確率は0.0000000000000000000000000000001%というとで、さすがにキャッシュや乱数アルゴリズムのミスなどではないだろうか?

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | バグ | IT

関連ストーリー:
三菱東京UFJ銀行、ネットバンキングで乱数表を廃止。ワンタイムパスワード必須に 2015年06月22日
OpenBSD、予測不可能なrand関数を実装(ただしPOSIX違反) 2014年12月11日
LibreSSL Portable 2.0.2リリース、PRNGの脆弱性を修正 2014年07月19日
RSA、乱数生成アルゴリズム採用とNSAとの関係を否定 2013年12月25日
バックドアのある乱数生成アルゴリズムの採用に対し、RSAがNSAから1千万ドルを受け取っていたとReutersが報じる 2013年12月22日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月21日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。