「電解水素水」は「水素水」よりも細胞内の活性酸素除去能力が高いという研究結果

「電解水素水」製造器(整水器)などを販売する日本トリムが、「電解水素水の細胞内活性酸素除去能力は水素水の5倍。水素を除いても3倍あることが判明。」なる発表を行っている。この効果を検証した論文がオープンアクセス誌PLOS ONEに掲載されているう(論文ITmedia)。

実験では、人間の細胞を元に培養した細胞を用いて電解水素水や水素水が持つ細胞内の活性酸素除去能力を検証したという。その結果、電解水素水は水素水の約5倍の除去能力があることが確認できたそうだ。

なお、今回発表された論文はあくまで活性酸素の除去能力を比較したもので、これによる人体への影響などについては検証されていない。また、活性酸素自体についても、それによる人体への影響についてはさまざまな意見があるようだ(過去記事:活性酸素は老化の原因ではないとのマギル大学による研究)。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

関連ストーリー:
国立健康・栄養研究所、水素水に対し安全性・有効性について「信頼できる十分なデータが見当たらない」との見解を出す 2016年06月22日
国民生活センター、「水素水生成器」販売の2事業者に効果の明確化を要望 2016年03月14日
ブルーライトは活性酸素を発生させて目の細胞を死滅させる? 2014年07月25日
活性酸素は老化の原因ではないとのマギル大学による研究 2010年12月21日
老化防止レタス? ヒトチオレドキシンをレタスで作る 2008年04月30日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2017年2月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。