自殺を予測する人工知能システム

あるAnonymous Coward曰く、

Vanderbilt University Medical Centerのデータ科学者であるColin Walsh氏らが、自殺を試みる可能性を正確に予測する機械学習アルゴリズムを作成したという。このシステムを使ってこれから2年以内に自殺を試みる人を予測する実験を行ったところ、80~90%の精度が得られたそうだ。また予測期間を一週間に絞って予測した場合は92%の精度があったとしている(QUARTZSlashdot)。

この予測は自傷や自殺願望の兆候が認められたバンダービルト大学医学センターの患者5167人のデータを収集して行われた。使用したデータは年齢、性別、郵便番号、使用している薬、事前診断内容といった病院が入手できるデータに基づいているという。実験ではこのデータを使用して自殺を試みようとした3,250例を特定したとしている。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | テクノロジー | 人工知能

関連ストーリー:
スマホの「音声アシスタント」機能、深刻な質問に対しては適切に対応できない? 2016年03月22日
血液サンプルから自殺行動を予測する研究 2013年08月22日
警察は Google をプリコグとして使用できるか? 2012年06月11日

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2017年6月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。