名古屋大学、産学協同研究に参加する博士課程学生に給与支払いへ

あるAnonymous Coward 曰く、

名古屋大学が、博士課程の研究内容と産学協同研究の研究テーマがほぼ同一の「特に優れた学生」について、年俸288万円(月額24万円)の支払いを行う制度を導入する。対象の学生はフルタイムの契約社員として雇用され、すでに数人が対象となっているという(日刊工業新聞)。

契約社員として扱われることで雇用関係が生まれ、守秘義務や研究管理などに責任を負うことになるため、企業側も共同研究の際にメリットがあるそうだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | 教育

関連ストーリー:
米国の移民入国規制、科学分野で影響が出始める 2017年02月07日
日本の大学の研究競争力は大幅に低下、投入される公的研究資金や従事者の減少などが理由 2016年04月04日
海外の理系博士課程学生の生活費事情 2015年12月22日
JAXA・宇宙科学研究所の管制室から学生が消えつつある 2015年12月10日
東京理科大、博士課程の学費を「実質無料」へ 2015年08月21日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2017年6月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。