日産の無資格者による出荷前検査問題、発覚後も無資格者による検査が続いていた

日産自動車で新車出荷前の検査を無資格者が行っていた問題で、問題が発覚し、社長が記者会見で謝罪した後も一部の工場で無資格者による検査が続いていたことが発覚した(時事通信NHK日経新聞)。10月11日の社内調査で明らかになったという。

同社は問題が発覚した9月中旬以降は有資格者のみが検査を担当する体制にしたとしていた。今回問題となった検査では、計測作業の一部を有資格者の指示で無資格の従業員が行っていたという。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ビジネス | 日本 | 交通

関連ストーリー:
神戸製鋼、アルミや銅以外でも不正の可能性 2017年10月13日
神戸製鋼がアルミや銅製品で強度などを偽装して出荷していたことが発覚 2017年10月10日
日産の工場における無資格者による完成検査が行われていた問題、書類偽装も発覚 2017年10月04日
日産自動車、無資格の従業員が完成検査を行っていた問題で約121万台をリコールへ 2017年10月03日
日産、完成検査での不正発覚後も不正が続いていたとして国内向け車両生産を一時停止 2017年10月20日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2017年10月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら