Google、位置情報サービスをオフにしたAndroid端末からも基地局情報を収集していた

GoogleがAndroid端末の位置情報サービスをオフにしている場合でも、その位置を特定できる情報を収集していたことが判明した。アプリが実行されていなかったり、SIMカードが挿入されていない場合でもこの情報収集は行われていたという(CNET JapanGIGAZINEITmediaガジェット通信)。

Android端末でのプッシュ通知やメッセージ管理のためにGoogleのサーバーに送信される情報に基地局の情報(Cell ID)が含まれていたという。少なくとも2017年初頭から全てのAndroid端末で送信されていたとのことだが、Googleは指摘を受けて11月末までにこの情報収集をやめるとしている。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | Google | IT | プライバシ

関連ストーリー:
ロンドン交通局、乗客の追跡情報を販売して3億2200万ポンドの収益を得る計画を立てる 2017年10月07日
Uber、配車サービス利用後に乗客を追跡する機能を廃止へ 2017年09月06日
CIA、独自のマルウェアを使ってターゲットの位置を追跡していた 2017年07月04日
Windows 10のプライバシ問題、Creators Updateでも続く 2017年04月10日

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2017年11月22日のIT記事
「Google、位置情報サービスをオフにしたAndroid端末からも基地局情報を収集していた」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    チャイナと変わらんね

    0
  • 匿名さん 通報

    それは知っていたが、ONOFF機能はいらなくないかい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。