Apple、Mac用32ビットアプリケーションのサポート終了の警告を開始

あるAnonymous Coward曰く、

次期macOSでは32ビットアプリケーションのサポートが廃止されるとされているが、現在のmacOS最新版であるHigh Sierra(10.13)で4月12日より32ビットアプリを起動すると「アプリケーションが最適化されていない」といった旨の警告が表示されるようになったそうだ(TechCrunchGIZMODOSlashdot)。

また、すでに今年1月よりMac App Storeでは32ビットアプリの新規登録が行えなくなっており、7月からは既存の32ビットアプリについても64ビット化が必須になるという。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | アップルセクション | ソフトウェア | MacOSX | アップル

関連ストーリー:
NVIDIA、32ビットOSに対するドライバーサポート終了計画を発表 2017年12月24日
Firefox、64ビットWindows環境では64ビット版のインストールがデフォルトに 2017年08月17日
人気オンライン・チェスサイト、ゲームIDが32ビットの表現範囲を超え32ビットアプリからアクセス不能に 2017年06月17日
iOS 11では32ビットアプリのサポートが打ち切りになる 2017年06月07日

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2018年4月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。