舌に泡を乗せて使う歯磨剤が登場

花王が、泡状の歯磨剤(いわゆる歯磨き粉)を発表した。容器から泡状で歯磨き液が出てくる形で、舌に乗せるようにして歯磨き液の泡を出し、その後泡を口内に行き渡らせてから歯磨きを行うという使い方が提示されている(花王の発表)。

舌の上に歯磨き液の泡を乗せることで、舌の上の菌を殺菌して口臭を防ぐことができるという。泡を舌に乗せるという歯磨罪は日本で初めてだそうだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ニュース | 医療

関連ストーリー:
会話が届く範囲では息は確実に届く 2017年07月13日
たった6秒で完璧に歯磨きできる歯ブラシ 2013年10月08日
近い将来、スマホが口臭を検知してくれるようになる 2013年01月07日
米軍が開発中の「従来製品とは一線を画す」歯磨きガム 2010年11月12日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2018年4月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。