「最低賃金」で働いていた書店員が本部主導の書店リニューアルに嫌気がさして退職した話

あるAnonymous Coward曰く、

ディズニーランドのキャストは給料が安いのに何故、人気があるのかとか、TVのADは薄給で長時間労働なのに何故、人気があるのか、という話があるが、書店員も似たようなところがあるのかもしれない。

ひとつの本屋で起きたこと。によると、立教大学内にある丸善キャンパスショップ池袋店で働く新人と10年勤続のベテランアルバイトの給料はどちらも東京都の最低賃金だという。それでもやりがいをもってやっていたのかもしれないが、本部が現場を無視してリニューアルを強行して職場環境が悪化、店員が全員やめてしまったという。

4月上旬からはじまる、大学内書店の1年の売上の大部分を占める絶対に失敗できない繁忙期・教科書販売の時期に、本部がリニューアルを強行。その結果、店の面積が半分になり、さらに本部の『洋書がいっぱいあった方がかっこいい』で洋書の棚だけは増設。教科書や毎年かなり売れる簿記のフェアを置くはずだったイベントフェア台も全部洋書となる。

『教科書は教科書販売中に買ってもらえばいいし、店には置かなくていい』という判断→教授から『教科書が継続して置かれないのはどういうことだ!』と何件もクレームの電話が入る。

最後には教科書担当もやめてしまい、教科書は本部で受け持つこととなる。しかし、そのクレームを受けるのは現場の権限のないアルバイト店員。

『最近この店の対応がおかしい!店長と副店長が辞めたなんて聞いてない!普通挨拶に来るんじゃないの?あなたベテラン辞めさせてどうゆうことなの?教科書販売をなんだと思ってるの!』と言われて完全に心が折れた。

とのこと。なお、この店員はフリーペーパーを作っていて、それが人気だったらしいが、その著作権でも本屋の入っている建物と揉めたらしい。

曰く、著作権は建物にある……。もちろん、建物にもサルにも著作権は発生しません。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | 書籍

関連ストーリー:
「田舎」と都会には教育・文化格差がある? 2018年05月02日
書店がない自治体・行政区が増加中 2017年08月28日
客に立ち読み料を要求する英国の古書店、「地獄の本屋」と呼ばれる 2017年01月08日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2018年5月7日のIT記事
「「最低賃金」で働いていた書店員が本部主導の書店リニューアルに嫌気がさして退職した話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    トップが困ったことをするのは今や日本の文化になった。ここで企業例を挙げようと思ったが、字数オーバーになるのでやめる。ただ安倍内閣は外せないからあげておく。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。