Chrome 66でHTML5ゲームの音が出ない問題

Googleが4月にリリースしたChrome 66では音声付きメディアの自動再生が制限されているが、この変更によりHTML5ゲームやアートプロジェクトで音が出なくなる問題が発生しているようだ(VentureBeatの記事Ars Technicaの記事The Daily Dotの記事)。

原因となっているのは、Web Audio APIのAudioContextオブジェクトの扱いが変更されたことだ。Chrome 66では自動再生が許可されている場合を除き、ユーザーが何らかの操作をしない限り音声再生がブロックされる。Web Audio APIを使用する場合、ページ読み込み時にAudioContextオブジェクトを作成すると、ユーザーの操作後にresume()メソッドを実行しなければ音声は再生されない。

しかし、このような処理を入れなければWeb標準に違反するわけではなく、これまでは他にそうすべき理由も特になかった。修正そのものが難しいわけではないが、外部のゲームエンジンを使用している場合など、必ずしも該当部分のソースコードを自分で変更できるとは限らない。既に開発が止まっているゲームもある。その結果、多くのゲームで音が出ないことになった。

Googleでは昨年からこの問題を告知して対策を紹介していたと説明しているが、実際にWeb Audioの項目が追加されたのは今年に入ってからだ。項目追加について積極的に告知していた様子はない。なお、「chrome://flags/#autoplay-policy」のオプションを変更すれば、音声付きメディアの自動再生制限を無効化することは可能だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2018年5月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。