山梨県富士河口湖町で千葉県松戸市のマンホールのフタが使われているのが見つかる

山梨県富士河口湖町・勝山の町道では、なぜか千葉県松戸市のマンホールのフタが使われていたそうだ。このマンホールが使われていたのは1か所だけだが、マンホールには「まつどし おすい」などと書かれている。1989年製造であることが記されており、30年近く設置されていた可能性もあるようだ(朝日新聞)。

このフタは松戸市では1984年から9年間ほど使われていたものだそうだが、なぜ富士河口湖町でこのフタが使われていたは分からないという。町は指摘を受け、今月7日にこのフタを取り替えたとのこと。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | idleセクション | ハードウェア | 変なモノ | idle

関連ストーリー:
使用済みマンホール蓋を販売した前橋市、今度はTシャツにふたのデザインを無料でプリントできる催し 2018年04月12日
前橋市、使用済みのマンホール鉄蓋10枚を一般販売 2017年08月06日
秋田市、ふるさと納税の返礼品として「マンホールのふた」を提供 2016年12月22日

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2018年5月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。