ヘイトスピーチを含むYouTube動画、ユーザーからの報告で大量削除。公式チャンネルも多数凍結に

simon曰く、

5月中旬以降、YouTubeで公開されている「差別的な内容を含む」動画に対して削除申請を行う動きが活発になっているという。こういった動画がユーザーからの報告で大量に削除され、同時に多数の公式チャンネルも閉鎖されるという事態となっている(Buzzap!)。

5月28日の時点で閉鎖された公式チャンネルは計45チャンネル(動画数83363本)。これはユーザーからの「差別的な内容を含む」という報告によるもので、報告を受けたYoutube側が動画を判断し悪質であるとした動画を削除、同一チャンネルで3本の削除動画が出た場合チャンネルごと閉鎖されるという制度による。この動きをうけ自発的に動画を削除したチャンネルも計35チャンネル(動画数50317本)あり、この「差別動画通報」ムーブメントによりYoutube内の日本語の差別動画の数は減っている模様。

削除されたチャンネルのなかには「明治天皇の玄孫(やしゃご)」という血筋を売り物にするタレントの竹田恒泰氏のものもある。この背景には、5chの「なんでも実況J」という板のユーザー(通称なんJ民)たちが弁護士の大量懲戒請求事件で嫌韓感情を持つユーザーの多いハングル板を訪問、遊び場にしているうちに「Youtubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ」というスレッドを立てて差別動画報告を遊びにしたことがあるらしい(まとめWiki)。

まあ、最初は遊びでも真面目にヘイトスピーチを撲滅しようとしているのはいいことなのではないかとタレコミ子は思います。2ちゃんねらーがフジテレビに対する嫌がらせのために海岸のゴミ拾いをしたようなもので。


あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2018年5月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。