GoogleのHTTPSへの移行プロモーションは正しくないのか

       
あるAnonymous Coward 曰く、

GoogleはHTTPSプロトコルの採用を促進することで、ウェブ上のセキュリティを強化する方針を打ち出している。これに対し反対する声がSlashdotで紹介されている(Slashdot)。

反対の理由としては、まずGoogleが勝手にWebのルールを決めることに対する反感が挙げられている。それに加えて、Web上にはメンテナンスされていないWebサイトのコンテンツがあり、こういったコンテンツはHTTPに対応できないといったことが挙げられている。そのため、GoogleのHTTP廃止計画が成功すれば、多くの過去のWebサイトのコンテンツにアクセスできなくなる可能性があるとし、Googleの試みは、大量の本を燃やす焚書のようなものだと指摘している。

またSlashdot読者の一人は、HTTPで運用されているの多くは、ユーザーデータを収集したり、ユーザーとのやりとりを提供していないことから、HTTPSを使用しない「リスク」は無関係であると指摘している。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | Google | セキュリティ | インターネット

関連ストーリー:
はてな、Let's Encryptへの継続的な寄付を開始 2018年06月05日
Chrome 69ではHTTPS接続ページの「保護された通信」という表示が削除される 2018年05月20日
mineoが「通信の最適化」を開始、解除は受け付けず 2018年05月01日
今後のFirefoxの新機能は原則としてHTTPSでのみで利用可能に 2018年01月23日
Wikipediaの常時HTTPS化によって政府による検閲が減少 2017年06月01日

当時の記事を読む

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Google」に関する記事

「Google」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Google」の記事

次に読みたい「Google」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。