VOCALOID 5発売。井上喜久子の声を使ったライブラリも発表

NurseAngel曰く、

ヤマハが歌声合成ソフトウェア「VOCALIOD」の新バージョン「VOCALOID 5」の発売を開始した。また、VOCALOID 5に対応する音声ライブラリ(ボイスバンク)も各社から発表され、その1つとして声優の井上喜久子さんの声を元にした「VOCALOID 桜乃そら(はるのそら)」が7月26日に発売される(発売元であるAHSの製品ページ)。

AHSの音声合成ソフトウェア「VOICEROID 2」シリーズでも同じく井上喜久子さんの声を元にした「VOICEROID2 桜乃そら」が提供される。どちらのバージョンも音声ライブラリに加えてMMD形式の3Dモデルデータも収録されるほか、Live2D用モデルデータも今後提供予定だそうだ。

すごいけど、本人の声として聞くとやはり違和感はあるな。ボカロは使いこなせないので買わないと思うけど、ボイロのほうは買う。

そういえば5万支援した東北イタコボイロはいつ発売されるんだろう? あと塩沢兼人とか銀河万丈とかそっち方面のボイロもほしい。

VOCALOID 5は「STANDARD」版と「PREMIUM」版が提供され、STANDARD版では4つ、PREMIUM版では8つの音声ライブラリが付属する。新たにVSTやAUといった形式に対応するプラグインとして利用できるようになったほか、MIDI経由でのリアルタイムレコーディングをサポートするなど、連携機能が強化された。また、多数のプリセットフレーズが提供されるほか、パラメータが調整しやすくなるといった強化が行われている。対応プラットフォームはWindows 7/8.1/10、OS X 10.11以降(いずれも64ビット版のみ)。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。