魚を使用しない植物性の「ツナ」は海洋魚を救うか

植物性原料のみで缶詰のツナとそっくりの食感や味を再現する「Fish-Free Tuna」を米スタートアップ企業Good Catch Foodが開発し、12月の発売を計画しているそうだ(FOODBEASTの記事Fast Companyの記事)。

Fish-Free Tunaの主原料は遺伝子組み換えでない6種の豆(ヒヨコマメ・ダイズ・エンドウマメ・レンズマメ・ソラマメ・白インゲンマメ)と藻類油だ。缶詰のツナのような食感は豆のプロプライエタリな配合で実現。藻類油はシーフードらしい風味を加えるだけでなく、魚の重要な栄養素オメガ3脂肪酸の供給源にもなるという。

国連食糧農業機関の推定によると、漁業により維持可能な最大量または、それを上回る量が捕獲されている海洋魚の品種は85%にのぼる。同社は豆を使用した持続可能なツナ代替食品により、魚を絶滅から救うことを目指すという。

設立者のChris Kerr氏は当初、既存の植物性シーフード企業に投資するつもりでいたそうだ。しかし、適当な会社が見つからなかったため、自分たちで開発することにしたとのこと。

同社ではこのほか、植物性のクラブケーキやフィッシュバーガーパティもラインアップしている。米国では植物性人工肉バーガー「Impossible Burger」が話題になっているが、Fish-Free Tunaはそのシーフード版になると期待されているようだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | idleセクション | 地球 | サイエンス | idle

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2018年8月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。