アーセナル、19位のサウサンプトンと引き分け…ATにラカゼットが同点弾

アーセナル、19位のサウサンプトンと引き分け…ATにラカゼットが同点弾
 プレミアリーグ第13節が23日に行われ、アーセナルと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦。吉田はベンチ入りを果たしたが、試合に出場する機会はなかった。

 開始から8分、早々に試合を動かしたのはサウサンプトンであった。ファウルを受けてFKを獲得したサウサンプトンは、一瞬の隙を突き直ちににリスタート。集中を切らしたアーセナルの守備陣を置き去りにし、ダニー・イングスが先制弾を決めた。

 しかし、ホームのアーセナルも意地を見せる。18分、アレクサンドル・ラカゼットはエリア内でこぼれ球を拾う。ボールをゴールへと押し込み、同点弾を挙げた。試合はそのまま前半終了のホイッスルを迎え、1-1のスコアで折り返す。

 71分、サウサンプトンはPKを獲得。キッカーのジェームズ・ウォード・プラウスが右側へと蹴り込むが、GKのベルント・レノの鋭い読みで一度は弾かれる。しかし、そのままこぼれ球を叩き込んでサウサンプトンは再び1点のリードを取り返した。

 アーセナルの敗北が決定的と見えた90+6分、試合は劇的な展開へ。左サイドから上がったクロスをファーにいたラカゼットがトラップで納める。鋭いシュートでボールをネットに突き刺し、再び同点弾を挙げた。

 そのまま試合は終了となり、アーセナルは2-2でサウサンプトンと勝ち点を分ける結果に。次節、アーセナルはアウェイでノリッジと、サウサンプトンはホームでワトフォードと対戦する。

【スコア】
アーセナル 2-2 サウサンプトン

【得点者】
0-1 8分 ダニー・イングス(サウサンプトン)
1-1 18分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
1-2 71分 ジェームズ・ウォード・プラウス(サウサンプトン)
2-2 90分+6 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。