PSV、先制もリード守れず下位と痛恨ドロー…先発の堂安律は後半途中交代

PSV、先制もリード守れず下位と痛恨ドロー…先発の堂安律は後半途中交代
 エールディヴィジ第15節が12月1日に行われ、エメンと日本代表FW堂安律が所属するPSVが対戦した。堂安は右ウイングで4試合連続のスタメン入りで、67分までプレーした。

 前節5試合ぶりの勝利を収めた3位のPSVは開始15分、モハメッド・イハッタレンの右CKをファーのダニエル・シュヴァーブが右足で合わせて、幸先よく先制に成功した。

 一方、13位のエメンは19分、グレン・バイルがハーフウェイライン付近で強引にボールを奪うと、相手の意表を突いてロングシュート。GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれたが、ビデオ判定の結果、ボールを奪ったときのファールにより得点は認められなかった。

 堂安は40分、エリア前中央でパスを受けると、エリア内へ進入して左足を振り抜いたが、強烈なシュートは惜しくもDFにブロックされた。

 後半に入って52分、エリア右へ飛び出したバイルがロングボールを収めて、飛び出したGKの前で折り返す。これにゴール前のマルコ・コラーが右足で合わせて、エメンが同点に追いついた。

 その後はスコアが動かないまま時間が過ぎ、後半アディショナルタイム3分にはバイルが2枚目のイエローカードを受けて退場。PSGが数的優位に立ったが、試合は1-1のまま終了した。PSVは下位とドローで終わり、今節それぞれ勝利した首位のアヤックスとは勝ち点差「13」、2位のAZとは同「7」に広がった。

 次節、PSVは7日にホームでフォルトゥナ・シッタートと、エメンは同日にアウェイでVVVフェンロと対戦する。

【スコア】
エメン 1-1 PSV

【得点者】
0-1 15分 ダニエル・シュヴァーブ(PSV)
1-1 52分 マルコ・コラー(エメン)

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大津祐樹」のニュース

次に読みたい関連記事「大津祐樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大島僚太」のニュース

次に読みたい関連記事「大島僚太」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。